連載

東アジアの気になるあれこれ

毎日新聞デジタルの「東アジアの気になるあれこれ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

東アジアの気になるあれこれ

(2)金正恩第1書記の訪露実現が意味すること

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
凍結した中朝国境の川、豆満江=2012年冬、米村耕一撮影
凍結した中朝国境の川、豆満江=2012年冬、米村耕一撮影

 平壌(ピョンヤン)市にほど近い黄海北道(ファンヘプクド)の村を流れる川で、1隻の小舟が苦労して周囲の氷を割りながらUターンしていた。川に張った氷を打ち割って作った「水路」は、小舟が方向転換するには狭かったからだ。先に岸に着いた別の小舟からは重そうな荷物を持った女性や自転車を抱えた年配の男性が下り、それを仁王立ちした地元保安署(警察署)の保安員が見守っていた。

 最近、あるところで見せてもらった北朝鮮国内の映像だ。撮影時期は昨年12月、撮影場所は川を渡ってしばらく歩けば、平壌市内に入れる位置にある。見せてくれた人の説明によると、この映像は物品の販売などのため平壌市内に入ろうとした黄海北道の住民を、保安員たちが取り締まる様子を撮影したものだという。平壌市側の岸に向かう小舟を保安員が見つけ、Uターンさせたのだ。

この記事は有料記事です。

残り1585文字(全文1942文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集