メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世論調査

携帯電話・スマホにかける実験 本社など

回答者の年代別構成比

 毎日新聞社などマスコミ6社と日本世論調査協会は、固定電話を持たない人が増えているため、携帯電話に掛ける世論調査の実験をした。現在各社の世論調査は固定電話に掛けており、携帯電話やスマートフォンしか持たない若年層の考えが把握できない。結果は10日の同協会研究会で発表される。

 実験は昨年9、10月の2回、固定電話調査と同様、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った番号に電話するRDS(ランダム・デジット・サンプリング)方式で実施(調査実施機関は日経リサーチ)。9月の1回目の実験では4566人に電話を掛け522人から、10月の2回目の実験では4100人に電話を掛け610人から回答を得た。

 20歳以上の回答者(1回目511人、2回目606人)を分析した結果、20代の割合は1回目19%、2回目14%、30代はそれぞれ20%、21%と、2010年国勢調査の年代別構成比(20代13%、30代17%)より多かった。固定電話に掛けた日経リサーチの世論調査では、9月、10月とも20代4%、30代10%だったのに比べると、携帯電話調査は若年層の声を拾えることが分かった。

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです