メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災地の現状

仮設住宅集約に課題 重なる転居「また一から」

 東日本大震災でプレハブ仮設住宅を建設した被災3県(岩手、宮城、福島)の39市町村のうち15市町村が毎日新聞のアンケートに、一部を閉鎖して集約を進める方針を示した。空室の増加などで避けられない事態だが、経済的自立が難しい被災者が仮設にとどまり続けるケースも多く、細かなケアが必要になる。【金森崇之、中田博維、柳沢亮、三浦研吾】

 被災3県によると、仮設住宅の入居者は2012年3月の11万6623人をピークに減り続けているが、今…

この記事は有料記事です。

残り1918文字(全文2131文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  5. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです