メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「デニム」と「ジーパン」の違い

厚手で丈夫な綿織物 名前の由来はヨーロッパ

[PR]

「デニム」と「ジーパン」の違い
懐かしい格好をしている大輔。 米西海岸ではケミカルウオッシュの「デニム」がはやっているそうです。 ケビン先生は普通の「ジーパン」が良いみたいですね。
「ジーパン」と言うのは古い言い方なのでしょうか。若い世代は「デニム」「ジーンズ」と言うんですね。 今回は「デニム」と「ジーパン」の違いを説明します。
「デニム」とは、縦糸に色糸、横糸に白糸を用いた厚手の綿織物のことです。ズボンやジャケットなどに使われます。フランスのニーム産のセルジュという意味の「serge de Nimes」が語源です。 「ジーンズ」という言葉もありますが、「デニム」とほぼ同じ意味です。
「ジーパン」は、「ジーンズパンツ」の略。「デニム」製品のうち、ズボンのことを指しています。 ちなみに「ジーンズ」という名はイタリアの都市ジェノバに由来します。中世の英語では「Gene」または「Jene」と書き、それが後に「Jean」に。ジェノバで作られていた耐久性のある丈夫な布を「ジーンズ」と呼び、それが「デニム」生地を指すようになったそうです。 ジーンズの色は一般的に「インディゴブルー」という印象がありますが、これは「リーバイス」の創業者、リーバイ・ストラウスが採用したものだそうです。
「デニムジーンズ」は正しい使い方でしょうか?
「デニムジーンズ」はありそうですが、言葉としては間違いです。ケビン先生曰く、「千切りカット」のようなことだそうです。イマイチな例えですね。
今回のまとめです。「デニム」は縦糸に色糸、横糸に白糸を使った厚手の綿織物のこと。「ジーパン」はデニムで作られたパンツ(ズボン)のことです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです