メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ナイル.com

(48)砂嵐の季節

(左)砂嵐に見舞われると日中でも視界が黄土色っぽくかすむ=2015年2月11日午後1時(右)晴れ渡った日は青空がまぶしい=2015年3月17日午後3時、いずれもカイロ市内で、秋山信一撮影

 【カイロ秋山信一】日本の「春」と言えば、桜を連想する。寒さが和らぎ、徐々に暖かくなるのを喜ぶ人も多いと思う。しかし、エジプトの「春」は厳しい季節だ。砂嵐がやって来るからだ。

 エジプトは国土(日本の約2.65倍)の95%が砂漠で覆われている。人口はナイル川流域と海辺に集中し、「ナイルのたまもの」という言葉が実感できる。ただ、ナイル流域も砂漠の脅威からは逃れられない。特に毎年3〜4月はハムシーンと呼ばれる砂嵐が集中する季節だ。

 「ハムシーンは数字の『50』(アラビア語でハムシーン)が由来との説が有力です。春分の日から50日間…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文859文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

秋山信一

2004年入社、岐阜支局、中部報道センター(名古屋)、外信部を経て、13年1月にカイロ支局赴任。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです