特集

2016米大統領選

毎日新聞デジタルの「2016米大統領選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

米国どこへ

大統領選に迫る(6)前哨戦本格化−共和党・保守強硬派の支持割れる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
CPACで模擬投票(ストローポール)を行う参加者たち。投票は電子端末で行われた=米東部メリーランド州で2月26日、西田進一郎撮影
CPACで模擬投票(ストローポール)を行う参加者たち。投票は電子端末で行われた=米東部メリーランド州で2月26日、西田進一郎撮影

 共和党を支持する保守系団体が集まる全米最大規模の「保守政治行動会議(CPAC)」の年次総会が2月末、首都ワシントン郊外のメリーランド州ナショナルハーバーで開かれた。2016年大統領選挙に向けた共和党の候補者指名争いは依然大混戦の様相で、CPACは1月の「アイオワ・フリーダム・サミット」に続く、前哨戦の「第2戦」。初戦を回避した候補者たちも参加し、共和党支持層とりわけ保守強硬派の支持が誰に向かっているかを探る意味で全米の注目を集めた。

 米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」が直近の世論調査結果の平均値として26日朝に出していた支持率は次の通りだ。

この記事は有料記事です。

残り3094文字(全文3375文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集