障害者スポーツ

注目のパラアスリートたち ブラインドサッカー日本代表 落合啓士主将

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
子供たちとブラインドサッカーをして笑顔を見せる日本代表の落合主将(右)=東京都品川区で、丸山博撮影
子供たちとブラインドサッカーをして笑顔を見せる日本代表の落合主将(右)=東京都品川区で、丸山博撮影

まずリオ表彰台狙う 落合啓士(ひろし)主将(37)

 視覚障害者のブラインドサッカーで2003年に初めて日本代表に選ばれてから数々の国際大会を経験し、13年からは主将。ブラインドサッカーは04年アテネ大会からパラリンピック正式競技となったが、日本は3大会連続で出場できず、16年リオデジャネイロ大会の出場が悲願だ。「日本の実力を世界に示すためにも出場だけではなく表彰台が目標。次の東京大会のブラインドサッカーの盛り上がりを加速させる役割も担っている」と、並々ならぬ覚悟を持つ。

 ブラインドサッカーは5人制。ゴールキーパー以外の4人はアイマスクをつけ、鈴の入ったボールや周囲の指示を頼りにゴールを目指す。コーチとして参加したジュニア合宿では「もっと声を出して呼んで」「ボールに寄らないと」と、冷たい雨風が吹きつける中で、子供たちに声を張り上げた。味方の動きを考えた的確な指示が重要だといい「声を出したり、仲間を思いやらないとブラインドサッカーはできないんです」と力説する。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1300文字)

あわせて読みたい

ニュース特集