連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「妬み」と「嫉み」の違い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「妬み」と「嫉み」の違い
「妬み」と「嫉み」の違い

合わせて嫉妬 やきもちはほどほどに

「妬み」と「嫉み」の違い
「妬み」と「嫉み」の違い
八木くんが8000円の本に指紋を付けたことを謝っているようです。それを慰めるケビン先生。それにしても八木くんには「妬み」や「嫉み」という感情はないのでしょうか?
八木くんが8000円の本に指紋を付けたことを謝っているようです。それを慰めるケビン先生。それにしても八木くんには「妬み」や「嫉み」という感情はないのでしょうか?
八木くんはやはり「妬み」や「嫉み」という感情をよく分かっていないようです。
八木くんはやはり「妬み」や「嫉み」という感情をよく分かっていないようです。
八木くんってストレスたまっているんじゃないかなぁと思いきや、どうやらものすごくストレス耐性があるらしい。
さて、今回は「妬み」と「嫉み」の違いについてです。「嫉妬」という風にセットで使う場合もあります。これらは「他人の幸せや優れている点を羨ましく思う」という意味では一緒ですが、羨ましさの矛先に違いがあるようです。「妬み」は相手、「嫉み」は自分に対するもののようです。
八木くんってストレスたまっているんじゃないかなぁと思いきや、どうやらものすごくストレス耐性があるらしい。 さて、今回は「妬み」と「嫉み」の違いについてです。「嫉妬」という風にセットで使う場合もあります。これらは「他人の幸せや優れている点を羨ましく思う」という意味では一緒ですが、羨ましさの矛先に違いがあるようです。「妬み」は相手、「嫉み」は自分に対するもののようです。
「妬み」は、羨ましくて相手を憎らしく思う感情のことを指しています。
それに対して「嫉み」は、相手のことが羨ましくて悔しいというニュアンスになります。
ただ、「嫉み」を単独で使うことは少なく、「妬み嫉み」とセットで使い、羨ましさや憎らしさ、悔しさを表現することが多くあります。
これに似ているのが「恨みつらみ」です。これは「積もり積もったさまざまな恨み」という意味です。
「妬み」は、羨ましくて相手を憎らしく思う感情のことを指しています。 それに対して「嫉み」は、相手のことが羨ましくて悔しいというニュアンスになります。 ただ、「嫉み」を単独で使うことは少なく、「妬み嫉み」とセットで使い、羨ましさや憎らしさ、悔しさを表現することが多くあります。 これに似ているのが「恨みつらみ」です。これは「積もり積もったさまざまな恨み」という意味です。
やはり八木くんには誰かを「妬む」なんて難しいみたいです
やはり八木くんには誰かを「妬む」なんて難しいみたいです
時に、誰かを「妬む」という感情は大切です。それが原動力となって何かを頑張れる人もいますからね。
時に、誰かを「妬む」という感情は大切です。それが原動力となって何かを頑張れる人もいますからね。
「妬み」は羨ましくて憎らしい気持ち、「嫉み」は羨ましくて悔しい気持ちです。
「妬み」は羨ましくて憎らしい気持ち、「嫉み」は羨ましくて悔しい気持ちです。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集