メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

福島と「フクシマ」は違う 社会学者の開沼博さん

かいぬま・ひろし 1984年福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府博士課程在籍。専攻は社会学。現在、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員=東京都千代田区で2015年3月9日、内藤絵美撮影

 気鋭の社会学者、開沼博さん(31)=福島大特任研究員=が福島問題を書き下ろした「はじめての福島学」(イースト・プレス)を出版した。「福島」を巡る食や産業、人口問題といったさまざまな社会問題を、公開されているデータを基にまとめた「福島問題の基礎知識」とも呼べる1冊だ。大きな反響を集めた「『フクシマ』論 原子力ムラはなぜ生まれたのか」(青土社)から4年。開沼さんはなぜ、データを一から整理したのか。福島を知るために何が必要なのか。福島の語り方をもう一度、考え直すためにできることとは。ロングインタビューでお届けする。【聞き手・石戸諭/デジタル報道センター】

 −−想定読者よりも「仮想敵」が明確な本だと思いました。どのような問題意識でまとめたのですか。

 開沼さん 一つは、福島を語る際についてまわる「ステレオタイプ」の相対化です。このステレオタイプを「はじめての福島学」の中では「俗流フクシマ論」と呼んでいます。これが仮想敵ですね。ステレオタイプは目の前の問題が複雑で理解できない時ほど強化されます。そもそも、問題が単純なら、私たちは問題をそのまま理解できるからです。

この記事は有料記事です。

残り11517文字(全文12000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. マイナンバーカード申請書 未取得者に送付へ 普及率向上目指す

  3. 菅首相が初の国連演説へ コロナ収束に向け多国間主義の重要性訴える

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです