メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラックバイト

学生対象に労組が対処法講義

ブラックバイトへの対処法などを紹介した講義=東京都中野区で2015年3月31日、太田圭介撮影

 違法な条件を課したアルバイト「ブラックバイト」から労働者を守ろうと、若者向け労組の「首都圏青年ユニオン」などは31日、東京都内で、学生を対象に対処の仕方を助言する講座を開いた。賃金未払いや有給休暇の取得阻止といったブラックバイトの典型を示しながら、適切な解決法を紹介した。

 労働問題が専門の佐々木亮弁護士が、ブラックバイトの事例として▽週3日の契約なのに週5日働かされた▽引き継ぎの時間を労働時間から除外される▽最低賃金を守らない−−などを挙げ、「いずれも違法。きちんと改善させるべきだ」と指摘した。その上で「上司とのやり取りを録…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文665文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです