連載

キーパーソンインタビュー

いま話題の人や、これから注目される人物に迫るボリュームたっぷりのインタビュー特集。ニューサイト限定のコーナーです。

連載一覧

キーパーソンインタビュー

「日本にはインターネット利用産業しかない」 鈴木幸一IIJ会長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
すずき・こういち 横浜市出身。1971年早大文学部卒、72年日本能率協会入社。コンサルタントなどを経て92年、インターネットイニシアティブの前身企業を設立し、94年4月から社長。2013年6月から会長。第35回毎日経済人賞を受賞。68歳=東京都千代田区で2015年3月25日、小島昇撮影
すずき・こういち 横浜市出身。1971年早大文学部卒、72年日本能率協会入社。コンサルタントなどを経て92年、インターネットイニシアティブの前身企業を設立し、94年4月から社長。2013年6月から会長。第35回毎日経済人賞を受賞。68歳=東京都千代田区で2015年3月25日、小島昇撮影

 日本で初めてインターネットの商用接続サービスを提供した「インターネットイニシィアティブ」(IIJ)の創業者で会長兼CEO(最高経営責任者)の鈴木幸一さん(68)が、新刊「日本インターネット書紀」(講談社刊)を出版した。副題の「この国のインターネットは、解体寸前のビルに間借りした小さな会社からはじまった」のとおり、1990年代の創業時の困難と、2003年に経営破綻した通信インフラ会社「クロスウェイブコミュニケーションズ」(CWC)の二つの舞台裏を赤裸々に明かしつつ、日本のインターネットの歴史と未来について記されている。書き下ろしの新刊について、鈴木会長に聞いた。【聞き手・小島昇】

 −−生い立ちからインターネットとの出会い、IIJ創業とCWC経営破綻と波乱に満ちた人生です。今回、著書としてまとめられたのはなぜですか。

この記事は有料記事です。

残り3951文字(全文4313文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集