メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

米朝師匠逝く、の巻

人間国宝で文化勲章受章 上方落語を復活させた立役者

[PR]

松戸電気の前で、菊さんが何か聞いています。なんでも、桂米朝さんの落語だそうです。 2015年3月19日、桂米朝師匠(本名・中川清さん)が肺炎のため、89歳で亡くなりました。戦後、滅びかけていた上方落語を復活させた立役者で、人間国宝に認定され、落語家として初めて文化勲章を受章しました。 上方落語とは、どんな落語でしょうか。大まかに言えば、京都や大阪で生まれた話がまとまった関西の落語です。三味線や鳴り物が入る「ハメモノ」という演出があったり…
「見台」や「膝隠し」、場面転換などで使う「小拍子」といった道具も上方落語の特徴です。江戸落語では、手ぬぐいと扇子が一般的ですよね。渋さを好んだ江戸の人たちに比べ、上方の人たちは派手で陽気な演出を好んだようです。 しかし、上方落語は戦後間もなく、「滅亡間違いなし」と言われるほどでした。 そこに現れたのが桂米朝さんなのです。評論家の元で落語を研究していましたが、上方落語の現状を見てプロの道に進み、数々の文献を調べたり、先輩から口伝を受けたりして作品を復活させました。 名作「地獄八景亡者戯」もバラバラだったものを米朝さんがまとめました。
米朝さんは、上方落語を復興させた「四天王」の一人です。 米朝さんの他に、5代目・桂文枝さん(2012年に桂三枝さんが6代目を襲名)、3代目・桂春団冶さん(大阪の演芸会では3代目と言えばこの人です)、6代目・笑福亭松鶴さん(仁鶴さんや鶴瓶さんの師匠)です。 弟子もたくさん育っています。 上方の落語家さんは大体250人いて、大きく分けて六門あります。 桂米朝一門、桂文枝一門、桂春団冶一門、笑福亭松鶴一門、露の五郎兵衛一門、林家染丸一門です。
米朝一門は、米朝さんの直弟子16人、孫弟子やひ孫弟子、やしゃご弟子までいて総勢70人の大所帯です。戦後間もなくには、上方落語全体でも10人いなかったそうですから、随分と復活したものです。 米朝さんは、月亭可朝さん、桂ざこばさん、桂枝雀さん、桂吉朝さんなどたくさんの人気落語家を育てました。 息子さんも5代目・米団冶を襲名して活躍しており、上方落語は安泰のようですね。 勅使河原賢一くんが「昔の文献を調べて話をまとめるのは大変そうですね」と、しみじみ言います。すると…… カゲマルの師匠は「古文書の整理? いずれやる!」と、散らかしたまま。カゲマルは「拙者がやるしかないのか……」とため息です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです