メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(49)乗車拒否は当たり前・上

エジプトの首都カイロで、タクシー運転手に行き先を告げ、乗せてもらえるか交渉する女性客。行き先によっては断られることも多い=2015年3月17日午後2時30分、秋山信一撮影

 【カイロ秋山信一】公共交通機関が発達していないエジプトで、市民の足となっているのがタクシーだ。初乗り3ポンド(約50円)は、物価の違いを考えても日本に比べて格安だ。しかし、このタクシー。日本のように手を上げて、簡単に乗せてくれるわけではない。

 3月中旬、カイロ支局近くの路上で、赤ちゃんを抱いたシリア人の夫婦がタクシー待ちをしていた。「ここでは客はタクシーを選べない。運転手が客を選ぶんだ。こんなこと、シリアでは有り得ない」。夫婦は約15分間に10台以上のタクシーに声をかけていたが、ことごとく断られていた。

 乗車前に行き先を確かめるエジプト流のタクシー営業。運転手の言い分はさまざまだ。「近距離の客は乗せた…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1013文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

秋山信一

2004年入社、岐阜支局、中部報道センター(名古屋)、外信部を経て、13年1月にカイロ支局赴任。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです