メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国どこへ

大統領選に迫る(7)民主・クリントン氏 メール問題で好感度は低下

2014年9月14日、米アイオワ州での集会でバーベキューをするヒラリー・クリントン前国務長官(左)と夫ビル・クリントン元大統領=及川正也撮影

 2016年の米大統領選に向け、候補者指名争いの前哨戦が活発化する共和党に対し、民主党の動きは鈍い。本命候補不在の共和党とは対照的に、民主党にはヒラリー・クリントン前国務長官という「本命候補」がいるからだ。

 大統領夫人や上院議員、国務長官などを務めてきたクリントン氏。抜群の知名度と経験、幅広い支持層を持ち、「初の女性大統領」の期待も背負う。世論調査では、民主党支持層で6割を超える圧倒的な支持を受け、共和党の有力候補との比較でも差をつけてきた。米政治専門メディア「ポリティコ」が2014年10月発行の「ポリティコマガジン」で表紙にヒラリー氏の写真を載せて「ヒラリーをたたく方法」という特集を組んだほどだ。

 当初2015年の年明けにも立候補を表明するとみられていたクリントン氏だが、表明を先延ばしにしている…

この記事は有料記事です。

残り2439文字(全文2792文字)

西田進一郎

1997年4月入社。岡山、神戸、長野各支局、東京本社社会部を経て2005年から12年まで政治部。第1次安倍政権や麻生政権から鳩山政権への政権交代を首相官邸で取材したほか、自民党を中心に与党、外務省などを担当した。13年4月から現職で、オバマ政権の内政や安全保障政策などを担当している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです