大和撃沈70年

最後の特攻、敵機撃墜たった3機

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
呉海軍工廠で、装備などを取り付ける艤装(ぎそう)中の戦艦大和=1941年9月撮影
呉海軍工廠で、装備などを取り付ける艤装(ぎそう)中の戦艦大和=1941年9月撮影

 70年前の1945年4月7日、沖縄を目指していた戦艦大和が鹿児島・坊ノ岬沖で撃沈された。無謀な海上特攻作戦を海軍は「1億総特攻の先駆け」と美化し、乗員2740人を戦死させた。世界最大の46センチ主砲が敵戦艦に火を噴くことはなく、この最後の艦隊出撃で、撃墜したとされる敵機はわずか3機だった。大艦巨砲主義の誇大妄想が生んだ不沈戦艦への“信仰”に対し、宗教家の山折哲雄さん(83)は「大和とは、いびつな時代のいびつな象徴だった」と指摘する。【高橋昌紀/デジタル報道センター】

 海軍の公式記録である「軍艦大和戦闘詳報」(昭和20年4月20日作成)などによると、大和が上げた戦果は撃墜3機、撃破20機とされている。米海軍機の被弾・防火対策は優れており、撃墜することが難しかったという。上空直援が無かった日本の第1遊撃部隊(大和、軽巡洋艦「矢矧(やはぎ)」、駆逐艦8隻)に対し、米空母機動部隊は雷・爆撃機と護衛の戦闘機で構成した戦爆連合367機を投入。未帰還10機・戦死12人の損…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1216文字)

あわせて読みたい

ニュース特集