メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海上保安庁

スマホ向けの沿岸情報サイトを運用開始

スマホ向けの沿岸域情報提供システム(MICS)の画面

 海上保安庁は10日、スマートフォン(スマホ)向けに沿岸域情報提供システム(MICS)を利用した気象などの安全情報を提供するウェブサイトの試験運用を開始した。

 MICSは全国の海上保安部や灯台などで得られた気象データなどを、インターネットを通じてマリンレジャーや漁船向けに提供するもので、これまではパソコン向けに提供し、月平均で約49万人が利用していた。しかし、海ではパソコンよりスマホの方が扱いやすいことから、スマホ向けのサイトを運用することにした。スマホ向けサイトでは、…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです