メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

飛べ!国産ジェット機

半世紀ぶりの旅客機開発 「MRJ」初飛行へ準備中

[PR]

国産ジェット機テイクオフ! MRJとは?
俊輔「飛行機に乗ってみたいなあ……」 ギョロ「どうしたギョ? ソチはサッカーのピッチ専門じゃなかったギョロか?」 俊輔「何言ってるんだよ。将来プロになったら、移動で飛行機を使うかもしれないだろ」 ギョロ「ほう。これまで飛行機に乗ったことはあるギョロ?」 俊輔「1回もねえよ。どんな機体が飛んでいるのかも全然知らねーし」 ギョロ「日本初の国産ジェット機が間もなく飛ぶギョ。チンが解説するから、今から時差ぼけ対策しておけギョロロ
MRJは、三菱航空機が開発した小型ジェット機です。一方、YS11は戦後、再起を期した国産初の旅客機として誕生しましたが、2006年に退役しました。国産旅客機の開発は半世紀ぶりとなります。 YS11は、1965年に東京五輪の聖火も運びました。
MRJの客室は、競合機よりゆったりしています。シートは背もたれをスリム化して座席幅を増やし、足元のスペースを確保しました。
最長航続距離は約3300キロで、1回の給油で東京ーマニラ間を飛べます。最新エンジンを搭載しており、燃費は従来の小型機より2割以上改善したそうです。
俊輔「いつか野々村と乗ってみたいぜ」
小型機市場は、新興国の経済成長や格安航空会社(LCC)の就航で拡大が予想され、今後20年で5000機以上の需要が見込まれます。(ライバルであるカナダの)ボンバルディアは既に約600機を受注しました。 MRJの受注実績(任意にキャンセルできるオプション含む)は、全日空25機、スカイウェスト(米)200機、日航32機など計407機です。 飛行実績のないMRJにとっては、厳しい戦いですね。
2015年5月29日に予定されていた初飛行は、また延期されました。機体の強度や耐久性を試す地上試験、システムの作動確認試験へ向けた準備に時間がかかっているためで、初フライトは更に数カ月先になりそうです。これでスケジュールの延期は4回目です。 結局、6月の「パリ航空ショー」前に飛行させてアピールすることは実現できなくなりましたが、初号機を受注した全日空への納入時期は「死守する」といいます。 早く空を飛ぶ姿が見たいですね。
国産ジェットテイクオフ!MRJとは? 三菱航空機が開発した国産初のジェット旅客機です。1965年就航の「YS11」以来、半世紀ぶりの国産機で、現在、初飛行へ向けて準備が進められています。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです