メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外豪雨の死者18人に 熊本県発表 心肺停止16人、行方不明14人
世論調査

消費増税後の暮らし向き 町村部ほど厳しい

 毎日新聞は18、19両日に全国世論調査を実施した。消費増税後の暮らし向きを聞いたところ、「悪くなった」と答えた人の割合は、全国を三つの都市規模に分けると町村部が最も高く、大都市部の政令市・東京23区が最も低かった。「変わらない」は、政令市・23区が最も高く、町村部が最も低かった。「良くなった」は全体でもわずか2%で、町村部には全く回答がなかった。人口の少ない町村部ほど、暮らし向きが厳しい状況が浮き彫りになった。

 「消費税が昨年4月に8%に引き上げられて1年がたちました。引き上げられる前に比べてあなたの暮らし向きはどうなりましたか」と聞いたところ、「悪くなった」は政令市・23区が39%、市部が47%、町村部が54%。「変わらない」は政令市・23区が54%、市部が50%、町村部が45%だった。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです