メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LOGIN

4施設で犬の殺処分ゼロ達成 残された課題は?

譲渡先がなければ、殺処分となる犬=兵庫県西宮市鳴尾浜2の西宮市動物管理センターで2010年5月7日、大沢瑞季撮影

 全国の動物愛護センターで、犬の「殺処分ゼロ」を達成したという発表が相次いでいる。熊本、札幌両市のセンターは2014年度に初めて、神奈川県のセンター(平塚市土屋)と川崎市は2013、14年度の2年連続で達成した。他の自治体も殺処分ゼロを目指し努力しているが、課題も残されている。

熊本市動物愛護センター:犬の“殺処分ゼロ”達成 「収容施設不要目指す」

猫殺処分:初のゼロ 県が昨年度、犬は2年連続 新たな飼い主探し奏功 /神奈川

 熊本市が「殺処分ゼロ」を目標に掲げたのは2002年。そのころから同様の取り組みが他自治体でも始まり、今では全国的な取り組みとなった。環境省によると、2012年度に全国で殺処分された犬は3万8447匹で、10年前の約5分の1まで減った。

 殺処分ゼロに向けての主な対策は(1)引き取りを求める飼い主に考え直すよう辛抱強く説得し、引き取り数…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  3. 原発事故、安倍政権扱った作品問題視か ウィーンの芸術展、日本大使館が公認取り消し

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです