連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

AIIBって?の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
AIIBって?の巻
AIIBって?の巻

中国主導、創設メンバーは57カ国 日本や米国は当面参加見送り

看板が今にも落ちてきそうでとても危ないですね。
そこで魚屋の浜さん、八百屋の矢尾さん、肉屋の牛島さんの3人は、スマ町のみんなに声をかけて修理の資金を集めようとしています。

まるでAIIBのようだと大輔は言いますが、3人はAIIBを知らなかったようです。

これは、中国が主導して2015年内の設立を目指しているアジアインフラ投資銀行(Asian Infrastructure Investment Bank)のことです。
看板が今にも落ちてきそうでとても危ないですね。 そこで魚屋の浜さん、八百屋の矢尾さん、肉屋の牛島さんの3人は、スマ町のみんなに声をかけて修理の資金を集めようとしています。 まるでAIIBのようだと大輔は言いますが、3人はAIIBを知らなかったようです。 これは、中国が主導して2015年内の設立を目指しているアジアインフラ投資銀行(Asian Infrastructure Investment Bank)のことです。
AIIBは東南アジアなどの新興国・途上国に鉄道や道路といったインフラを建設するためのお金を貸す銀行です。しかし、このような銀行は今までもあったのではないでしょうか。

似たような銀行には世界銀行やアジア開発銀行(ADB)がありますが、さまざまな違いがあります。ADBとAIIBの違いは、まず最大出資国です。AIIBは中国で、ADBは日本と米国です。

AIIBの設立は2015年が予定されています。一方のADBは1966年に設立されました。
資本金は、AIIBが1000億ドル、ADBが1530億ドルです。

また、AIIBは「理事会の権限が不明確」などとして日米が問題視していますが、ADBは理事会に審査権限環境などへの配慮も要求しています。
AIIBは東南アジアなどの新興国・途上国に鉄道や道路といったインフラを建設するためのお金を貸す銀行です。しかし、このような銀行は今までもあったのではないでしょうか。 似たような銀行には世界銀行やアジア開発銀行(ADB)がありますが、さまざまな違いがあります。ADBとAIIBの違いは、まず最大出資国です。AIIBは中国で、ADBは日本と米国です。 AIIBの設立は2015年が予定されています。一方のADBは1966年に設立されました。 資本金は、AIIBが1000億ドル、ADBが1530億ドルです。 また、AIIBは「理事会の権限が不明確」などとして日米が問題視していますが、ADBは理事会に審査権限環境などへの配慮も要求しています。
中国には、AIIBをてこに「シルクロード経済圏」への投資を本格化させる狙いがあります。つまり中国製品の輸出や中国企業の海外進出を後押しするということです。

日本や米国はAIIBに参加しないのでしょうか。日米両国は、欧州諸国と共に様子を見ていたのですが、申請期限を前に英国が参加を表明し、次いでドイツやフランス、韓国、オーストラリアも相次いで参加しました。AIIBの創設メンバーは57カ国になり、世界銀行やADBに並ぶ組織になりそうです。
中国には、AIIBをてこに「シルクロード経済圏」への投資を本格化させる狙いがあります。つまり中国製品の輸出や中国企業の海外進出を後押しするということです。 日本や米国はAIIBに参加しないのでしょうか。日米両国は、欧州諸国と共に様子を見ていたのですが、申請期限を前に英国が参加を表明し、次いでドイツやフランス、韓国、オーストラリアも相次いで参加しました。AIIBの創設メンバーは57カ国になり、世界銀行やADBに並ぶ組織になりそうです。
日本も参加しないとまずいのでしょうか。

しかし、日本がAIIBに参加するとなると、数千億円の出資を求められそうなのです。どこまでメリットがあるのでしょうか。中国はAIIBの審査基準を厳しくしない可能性を示唆していますが…
環境破壊などを引き起こす後押しにならないよう公平に審査してほしいものです。

八百屋の矢尾さんは、日本が参加をどうするのか気になっているようですが、それよりもまずはスマ町の看板です。

翌日、矢尾さんは派手な看板の案を考えてきました。みんなから、これではお金をかけすぎで融資できないと言われてしまいました。
日本も参加しないとまずいのでしょうか。 しかし、日本がAIIBに参加するとなると、数千億円の出資を求められそうなのです。どこまでメリットがあるのでしょうか。中国はAIIBの審査基準を厳しくしない可能性を示唆していますが… 環境破壊などを引き起こす後押しにならないよう公平に審査してほしいものです。 八百屋の矢尾さんは、日本が参加をどうするのか気になっているようですが、それよりもまずはスマ町の看板です。 翌日、矢尾さんは派手な看板の案を考えてきました。みんなから、これではお金をかけすぎで融資できないと言われてしまいました。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集