メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ナチス・ドイツ降伏の巻

ユダヤ人を虐殺、領土拡大を目指した ヒトラーの自殺で幕

[PR]

ののかがおいしいと食べているソーセージは、本場ドイツから取り寄せたものだそうです。それを見てマスターが何か思い出します。 5月8日は第二次世界大戦でナチス・ドイツが無条件降伏した日です。 「国家社会主義ドイツ労働者党」通称ナチス。アドルフ・ヒトラーが率いた政党です。ひどいことをした右翼政党ですが、なぜナチスに支持が集まったのでしょうか。 第一次世界大戦の敗戦後、ドイツは巨額の賠償や世界恐慌に苦しんでいました。
そんな中、「ドイツよ目覚めよ」と唱えるナチスの支持が拡大し、1933年には政権を握りました。ヒトラーは翌34年に総統に就任し、領土拡大をもくろんで39年にポーランドへ侵攻しました。これが火種となり、第二次世界大戦が始まったのです。 独裁者ヒトラーは税官吏の家庭に生まれ、画家を目指していたようですが、そんなに上手ではなく、画家の才能はなかったようです。
画家を夢見ていた青年がどうしてユダヤ人を劣等民族と決めつけ、収容所などという物を作ったのでしょうか。ポーランド南部にはアウシュビッツの「絶滅収容所」がありました。 ナチスはユダヤ人にダビデの星の着用を強制。欧州では以前からユダヤ人差別はありましたが、ナチスにとっては裕福なユダヤ人は格好の攻撃対象になったのです。 収容所の入り口に書いてある言葉はどんな意味でしょうか。 「働けば自由になる」。ナチスが利用した偽りのスローガンです。 強制労働の末、ガス室で虐殺されたユダヤ人は通説では600万人とも言われています。 1945年4月、もはやドイツの敗戦は避けられなくなってきます。首都ベルリンは連合国軍に東西から挟み撃ちされる形になりました。東からはソ連軍、西からは米軍などが迫ったのです。
ヒトラーは1945年4月30日、愛人だったエバ・ブラウンとともにベルリンの地下壕(ごう)で自殺しました。ドイツは45年5月、降伏文書に署名し、こうして欧州の第二次世界大戦は終わったのです。 敗戦後、ドイツは東西に分断されました。 ベルリンの壁は、1961年に建設され、1989年11月9日の崩壊までベルリンを東西に分断していました。 しかし、壁崩壊の翌90年、東西ドイツは統一されました。 ドイツの戦後補償額は日本円で10兆円を超えるそうです。今のドイツは欧州連合(EU)の大国として経済のけん引役ですね。 ソーセージもおいしいはずですね。 貴重なソーセージなので、もっと味わってほしいとマスターは慌てていますが…。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです