メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みどりの日

緑になる新聞「グリーンニュースペーパー」

毎日新聞が発行したグリーンニュースペーパー。東京・代官山で4日に開かれるイベント「GREEN HOLIDAY TOKYO」で配布される

 新緑のまぶしい季節を迎えたが、都市部では年々、緑地面積は減少している。九都県市首脳会議環境対策委員会緑化政策専門部会の調査によると、首都圏(東京都、及び神奈川、埼玉、千葉の各県)の緑地面積は1965年の93万ヘクタールから、2012年には71万ヘクタールへと減少した。山手線内側30個分以上に相当する面積の緑が失われている。

 その大きな原因は農地の減少。同じ期間に農地は約42万ヘクタールから23万ヘクタール台へと減った。東京都内の農地は約3分の1になり、神奈川、埼玉両県でも半減した。林地の減少は農地ほどではないが、51万ヘクタールから45万ヘクタール台になった。人口の首都圏集中に伴う開発で、農林地が大きく減少したのだ。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです