メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボンバルディア「CRJ」シリーズ

ビジネスジェットから派生した小型旅客機

J−AIRのCRJ200=大阪空港で2014年10月30日、読者提供

 カナダのボンバルディア社が開発した近距離双発ジェット旅客機。1991年初飛行。92年にドイツ・ルフトハンザ航空系列の「ルフトハンザ・シティーライン」で初就航した。同社のビジネス用ジェット「チャレンジャー」を旅客機に再設計したもので、CRJ100/200、CRJ700、CRJ900、CRJ1000の4機種があり、座席数や航続距離などによりさまざまな派生型がある。

     座席数は100と200がともに約50席。700が最大78席。200は高効率の米GE社製エンジンとなっている。生産数は約1700機。 

     日本では仙台空港をベースにする「アイベックス・エアライン」がCRJ100LR、CRJ200ER、CRJ700NGの3機種を、日本航空系の「ジェイエア」がCRJ200ERを運航している。【黒川将光】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
    4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
    5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです