メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Listening

一極社会:第2部・東京で生きる/5止 他人にしか話せない

[PR]

 おっさんレンタルなる商売が、東京で話題になっている。恋愛相談や友人との付き合い方指南など、1時間1000円のサービスで、10代、20代の女性に大受けだという。よりによって、なぜおっさんなのか。そのなぞを解いていくと、晩婚化や未婚率上昇など、出生率低下につながる東京の若者気質が見えてくる。

     おっさんは、スタイリストで専門学校講師の西本貴信さん(47)。2012年秋に、中年男性と若者の接点があまりにも少ないと感じ、1人でサービスを始めた。口コミなどで評判が広がり、これまで1000回以上レンタルされたという。その半数以上は10〜20代の若者で、女性が多い。内容は恋愛や友人関係など、コミュニケーションを巡る相談だという。

     レンタルに同行した。JR恵比寿駅、午後7時半。カジュアルなファッションに身を包んだ都内在住の会社員、村上紗英さん(26)=仮名=が現れ、恋愛について切り出した。

     「どうやったら人と深い仲になれるのか分からないんですよ」。近くのカフェで、ぽつりとつぶやいた。好きになりそうな男性とデートの後、一夜を共にしたが、その後の進め方が分からない。「付き合ってくださいって言われたら付き合うけど、自分からいくのはいや。連絡がないから私はタイプじゃないのかなって思った」

     西本さんが「自分から好きっていうオーラは出さないの?」と尋ねると、「出してない。何考えているか分からないってよく言われる。彼にも言われた」と答えた。すかさず西本さんが「相手のことを理解しようとすると相手も乗ってくる。興味持たないと腹割ってくれないよ」と諭すと、「なるほど。そうなのかな」。少し納得したようだ。

     友人ではなく、見ず知らずのおっさんに、なぜ恋愛について相談するのか。「他人に近いから何でも話せる。友だちに話せる人があまりいないから」。約1時間の相談を終えると、そう言い残して雑踏に消えた。

     西本さんの若者分析は、こんな具合だ。

     「最近の若い子は友だち同士でも本気で会話していない。自分のかっこ悪さを話せない。ネットで簡単に調べ物ができるから恥をかかなくていい。告白も自分からしない。だから、しがらみのない見ず知らずのおっさんに相談するんじゃないんですかね」

    幼稚園、対話学ぶ場に

     出生率低下で、きょうだいが減り、ひとりっ子の割合も増えている。習い事や塾に忙しく、公園で遊ぶ機会も少ない。東京の「放課後NPOアフタースクール」代表、平岩国泰さん(41)は、遊びの中で学ぶ「社会性」の欠如に危機感を抱く。

     「私が子どものころの公園は、違う学年の大勢の子どもたちが集まって遊んだもの。その中で失敗を学び、ケンカしても自分たちで解決しながらコミュニケーション能力を磨いた。ところが今は、東京にそういう公園はほとんどない」

     しかも多くの公園は、「ボール使用禁止」「大声禁止」「かけっこ禁止」など、禁止事項が並ぶ。子どもたちの遊ぶ声を巡り、訴訟も起きた。平岩さんは「失敗することは、恥をかくこと。そうした経験がないまま成長すれば、深い人間関係を築くことを苦手に思う若者が増えるのは当然だろう」と指摘する。

     こうした風潮に対し、コミュニケーション能力を幼児期から高めようと、独自の教育に取り組むのが、川崎市麻生区の「風の谷幼稚園」だ。この取り組み自体が、若者のコミュニケーション能力低下の裏返しでもある。

     4月の誕生会。担任の清水久美子先生(25)が園児たちにこう呼びかけた。

     「誕生日を迎えた仲間をもっと好きになるように、良いところと、頑張った方がいいところを言葉にして贈りましょう」

     「倒立がすごい」「いろんな仲間と遊ぶ」。良い点を次々に言葉にする園児たち。清水先生が口をはさんだのは、園児の一人が「もっと頑張ればいいと思う」と言った時だった。

     「何をどう頑張ればいいかな?」「うーん、班の仕事とか……」。考え込む園児に、清水先生は「どこを頑張ればいいかを教えてあげた方が、頑張りやすいよね」とアドバイスした。

     年長組では、7、8人の班を束ねる「リーダー選び」を行う。先生がその役割を説明し、園児たちが話し合って決める。昨年のやりとりを再現すると−−。

     先生「どういう人がリーダーになればいいかな?」

     園児「ちゃんとしていて、しっかりした人」

     先生「ちゃんと、しっかりってどういうこと?」

     園児「集まる時に早く集まる人」

     別の園児「何でもできる人」

     ここでも、客観的で具体的な答えを求める。

     天野優子園長(68)は「客観的なイメージを持って話さないと、『嫌い』『ばか』など感情的な言葉になり、それは排除につながる。そういう言葉を浴びせられた子どもが成長すると傷つきやすくなり、感情的な言葉でなくても、素直にアドバイスと受け止められなくなる」と話す。

         ◇

     おっさんレンタルに象徴される、若者のコミュニケーション能力低下。東京工芸大が大学生を対象に実施した12年の調査では「一人を好み、相手の話に関心を持てない」が49・6%に達するなど、人との交流を敬遠しがちな若者像が浮かび上がる。深入りしない付き合いは、いまどきの一般的な若者気質かもしれないが一極都市、東京では顕著に表れたひずみの一つでもある。恋愛に消極的な若者が増えれば、結婚、出産、子育てに至る道筋が狭まり、この街の出生率は下降線をたどるに違いない。=おわり

     (この連載は、中西拓司、永井大介、安高晋、鈴木敦子、阿部亮介が担当しました)

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

    5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです