メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットサービス

「背景白抜き」など商品写真を一括処理 大阪・堺のIT企業

「ゼンフォトマティック」のデモ画面

 通販サイトに掲載する商品写真の補正や加工を、1クリックで自動的に一括処理するサービス「ZenFotomatic(ゼンフォトマティック)」を、IT企業のグラムス(大阪府堺市、三浦大助社長)が提供している。スマートフォンでのショッピングなどEC(電子商取引)が拡大する中で、商品の背景を白くする「白抜き処理」などの写真補正サービスの需要は増えると見込まれることから、同社は「現在46カ国で使われており、世界標準サービスを目指してEC業界全体を影から支える存在になりたい」としている。

 通販サイトの運営のコストや作業時間軽減など業務効率化を目指して、同社が独自の画像認識技術を開発して運営している。従来なら1枚1枚、画像処理ソフトで加工していた面倒な作業をウェブサイトで一括処理できる。商品の「背景白抜き」のほか、「切り抜き」「センタリング」「色彩補正」「サイズ補正」「被写体角度補正」などで、「熟練した人間で1カ月かかる大量の作業を1時間弱で完了し、コストも90%以上カットできる」…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文928文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです