メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

阿武 秀子・評『東北ショック・ドクトリン』古川美穂・著

“火事場泥棒”の暗躍を見過ごすわけにはいかない

◆『東北ショック・ドクトリン』古川美穂・著(岩波書店/税抜き1700円)

 「ドクトリン」とは教義、基本原則という意味をもつ言葉で、政治や外交、軍事の場で用いられてきた。

 「ショック・ドクトリン」とは、災害や政変などの危機的状況に際して過激な市場原理主義が強行されること。アメリカの経済学者ミルトン・フリードマンの考えを批判して、カナダのジャーナリスト、ナオミ・クラインが述べた語で、その著作の題名としても知られる(2007年刊、翻訳は11年刊)。副題は「惨事便乗型資本主義の正体を暴く」、映画化の際に「火事場泥棒の資本主義」とのキャッチフレーズがついた。

 東北の「ショック・ドクトリン」とは、東日本大震災以降に打ち出され展開された「創造的復興」の数々だ。…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです