メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第2日 「私はにぎやかし」…「あん」の河瀬監督、出演者の樹木希林さんら会見

カンヌ入りした(左から)河瀬直美監督、樹木希林さん、永瀬正敏さん、内田伽羅さん、ドリアン助川さん=2015年5月14日、勝田友巳撮影

 コンペティション部門と並ぶ「ある視点」部門は、独特の視点を持った作品を集め、部門の優れた作品に賞も与えられます。14日から出品作品の公式上映が始まり、河瀬直美監督の「あん」はその開幕作品に選ばれています。上映を前に、河瀬監督と出演者らが記者会見しました。

 樹木希林さん、永瀬正敏さん、内田伽羅(きゃら)さん、原作者のドリアン助川さんがカンヌ入り。1997年に「萌の朱雀」が新人賞のカメラドールを受賞して以来、カンヌの常連となった河瀬監督。開幕作品として上映されることに「感無量です」。「カンヌが育ててくれた。アジア、日本の文化に敬意を…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです