メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

日光東照宮400年

徳川家康を祀る豪華なお社 外国人にも人気の世界遺産

[PR]

日光が東照宮400年でにぎわってるって?
モンゴメリー「日光けっこーコケコッコー」 ギョロ星人「何言っているギョロ」 モンゴメリー「日光見ずして結構と言うなかれなんて言うじゃナイ。ちょっと行こうカシラ」 ギョロ星人「2015年は『400年式年大祭』があるギョロ。行くなら今ギョロ!」 モンゴメリー「見どころってどこなのヨ?」 ギョロ星人「チンが教えてやるギョロ。土産は徳川埋蔵金がいいギョロ」
日光東照宮は徳川家康を祀っています。家康は遺言に「遺体は久能山に葬り、1年を過ぎたら日光山に神として祀ること。そして関八州の鎮守となろう」と残しているのです。 ギョロ星人「『東の天照大神』として平和を祈る神となったギョロ」
日光東照宮は3代将軍の家光の時代に大規模な改築で現在の姿となりました。手前に拝殿、石の間へと続き、奥が本殿という形は「権現造」と呼ばれるものです。 ギョロ「京都や奈良の古い神社とはかなり違うギョロ」
日光東照宮は、動物の木彫りが多いのも特徴の一つ。「見ざる 言わざる 聞かざる」の「三猿」や、名工・左甚五郎の作と伝わる「眠り猫」、そして眠り猫の裏には「スズメ」。これらの動物はみな、平和を象徴しています。 ギョロ「確かに東照宮の動物は怖くなくて『かわいらしい』ギョロ」
モンゴメリー「日光の家康は、平和の守り神なのネ」
日光は首都圏から日帰りで行ける身近で便利な観光地です。 東京・浅草駅発の東武鉄道特急「スペーシア」は、2015年春に金色の特別塗装を施した「日光詣スペーシア」が登場しました。JR新宿駅発で東武に乗り入れる「スペーシア」も便利です。東北新幹線の宇都宮駅で降りて名物のギョーザを食べてから、日光線でレトロなJR日光駅へ向かう、というアクセスも魅力的ですね。日光を拠点に電車やバスで温泉巡りも楽しいでしょう。 車で行くなら、日光宇都宮道路の東照宮400年割引があります。
日光東照宮は近くの輪王寺、二荒山(ふたらさん)神社と合わせて、2社1寺の103棟の建築物群と周辺の景観遺跡が1999年に世界遺産に登録されました。 外国人観光客も多く、2013年に日光国立公園内に宿泊した観光客は567万4000人。東日本大震災の影響により一時減少したものの、回復しました。
まとめますと…。 日光が東照宮400年でにぎわってるって? ギョロ「徳川家康を祀っているギョ。有名な『眠り猫』などの木彫りも見逃せないギョロ。首都圏から日帰りでき、外国人にも人気の世界遺産ギョロロ」。 ギョロ「夏は涼しいし、行ってみるギョロ?」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです