メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第6日 デジタル修復した名作「残菊物語」を披露

上映会に出席した迫本淳一・松竹社長(左)と是枝裕和監督=2015年5月18日、勝田友巳撮影

 カンヌクラシックは、東西の旧作を集めて上映します。中でも、名作のデジタル修復版は隠れた話題の一つです。現在は名作とされる映画も、公開当時は数ある新作の一つ。ネガがなくなっていたり、残されたフィルムが傷んでいたりすることは珍しくありません。デジタル技術を利用して、そうしたフィルムを製作当時の状態に近づけようという試みが世界中で進んでおり、カンヌは復元された映画のお披露目の場ともなっています。

 毎回、日本映画も含まれています。今回は▽溝口健二監督の「残菊物語」▽深作欣二監督「仁義なき戦い」▽黒澤明監督「乱」−−のデジタル修復版が選ばれました。18日は「残菊物語」の上映があり、迫本淳一・松竹社長と是枝裕和監督が舞台あいさつ。映画は1939年公開で、妻お徳に支えられて大成する歌舞伎俳優の五代目菊五郎を、新派のスター花柳章太郎が演じています。溝口監督がワンシーンワンカットの長回しを始めた作品…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです