メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ガラケーの逆襲の巻

バッテリー長持ち 使いやすさで一定のファン ガラホも登場

[PR]

文太が千鶴と電話で話をしていますが、文太の携帯は「ガラケー」です。 2014年、従来型携帯電話(ガラケー)の出荷台数が7年ぶりに増加しました。 日本のガラケー所有率は28.7%と、外国と比べても高くなっています。
海外のガラケーが通話とメール程度の機能で数千円である一方、日本のガラケーは多機能で安いため、日本ではガラケーが増加傾向。 スマホとガラケーではスマホの方が最新のインターネットサービスに対応できますが、画面の消えた待機状態でもアプリが自動的に通信することがあります。 しかし、ガラケーはメール受信時以外は基本的に通信しないため、スマホと比べてバッテリーが長持ちします。
一方で、ガラケーの重要部品を作る会社が撤退しており、数年でガラケーの製造が不可能になるかもしれないという懸念もあります。 そこで最近注目されているのは、見た目はガラケー、中身はスマホの新機種「ガラホ」。 無料通信アプリ「LINE」も使うことができます。 NTTドコモは今夏、ARROWSケータイとAQUOSケータイ2機種のガラホを発売します。
KDDI(au)は今夏、ガラホ「AQUOS K」を発売します。 一方、ソフトバンクモバイルからはガラホの発売はありませんでした。 15年夏モデル発表会で、ソフトバンクモバイルの宮内謙社長は「ガラケーは必要ない」と語っています。 しかしガラケーのニーズは現在でも高く、今後はガラホに置き換わる可能性も。 一方、ガラホは提供するサービスなどを明確にして開発しなければ、どっちつかずの商品になりかねないという指摘もあります。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです