メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

闇の正体

ミャンマー宗教暴動/3 「人口増」統計なき脅威(2013年10月28日掲載)

 「私たちは『人権』を尊重します。私たち自身が人権侵害にさらされてきたからです」

 ミャンマー民主化勢力の中核を担った「88年世代グループ」の指導者の一人、コージミー氏(44)。インリー族の仏教徒で、昨年1月に釈放されるまで20年間の刑務所暮らしを強いられた人物だ。

 「でも、私たちのグループは『ロヒンギャ族』を自国の民族とは絶対に認めない。『侵略者』とまでは言いませんが……」

 「ロヒンギャ族」は西部ラカイン州と国境を挟んだバングラデシュ側にも数十万人いる。民族として認めれば…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです