メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

闇の正体

ミャンマー宗教暴動/10 ビルマ族への恨み、転化(2013年11月5日掲載)

 ミャンマー西部ラカイン州の仏教徒ラカイン族は誇り高き民族だ。ラカインの指導者たちを取材すると、真っ先に「栄えある民族史」を延々と説明してくれる。ラカイン王朝は紀元前3000年までさかのぼるという。これは神話に違いないが、中世期の仏教王国は海洋国家としてベンガル湾の覇権を握った。

 その栄華に終止符を打ったのが1784年のビルマ族王朝の侵略だった。40年のビルマ支配を経て1824年、英統治下に入る。ベンガル系イスラム教徒(ロヒンギャ族)がラカインに大量流入したのはその後だ。

 ビルマ支配時代、多くのラカイン族が土地を逃れた。徴兵された者も少なくない。この空白域に英国がベンガ…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです