メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

トップを走り続けた、しゃべくり漫才の「いくくる」 今いくよさんをしのぶ

「デビューの頃を思い出すわ」と、笑いながらポーズを取る今いくよ(右)・くるよさん=京都市の祇園花月で2013年1月撮影

 「今いくよ・くるよのいくよさん死去」の一報は、急逝(5月28日)の翌朝、メディアをかけめぐった。反響が大きかったのは、誰もが知っているコンビだったからだろう。だが、「どっちがいくよさんで、どっちがくるよさん?」という人も少なくなかった。

 細い体のいくよさんは昨秋から、仕事を続けながら胃がんと闘っていたが、大柄な相方、くるよさんも入院、手術の経験があったからかもしれない。でも、「どっちがいくよさん?」騒動は、そもそも、この2人がいつもコンビで仕事をしてきたから、ピン(1人)の仕事をほとんどしなかったから起きたのだろう。

 そして、最近は「女性の活用を」といった女性に失礼な言葉が飛び交うが、「いくよ・くるよ」は、圧倒的に…

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 安倍首相が“速報ツイート”「同盟、さらに揺るぎないものに」 トランプ氏とのゴルフ終了
  5. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです