メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
エンタメノート

桂春蝶、特攻をテーマにした創作落語を口演 父の死が影響

桂春蝶さん

 落語家の桂春蝶さん(40)が「明日ある君へ〜知覧特攻物語」という落語を手がけている。鹿児島県南九州市にある知覧特攻平和会館を訪れ、この創作落語を思いついたという春蝶さんに、なぜ特攻隊員を落語で取り上げようと思ったのかを聞いた。

 春蝶さんの名を聞いて、阪神ファンでタレント活動も多かった、父親の先代、二代目春蝶さん(1993年に51歳で死去)を覚えている方もいるかもしれない。春蝶さんは保育士を目指していたが、父の死を機に落語家になろうと決め、父と同じ三代目桂春団治さんに入門。2009年、三代目春蝶を襲名。11年からは東京に住み、東西を往復する日々だ。ちなみに先代同様に阪神ファン。

 春蝶さんは上方落語の古典を演じるだけでなく、「落語で伝えたい想い」というシリーズで、特攻隊員に続い…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1520文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 履正社が令和初の夏制す 強力打線が星稜・奥川から5点奪う 甲子園初優勝

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです