メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

緑 慎也・評『被曝評価と科学的方法』牧野淳一郎・著

「自分で計算して出した答えなら納得できる

◆『被曝評価と科学的方法』牧野淳一郎・著(岩波科学ライブラリー/税抜き1300円)

 福島第1原発事故による被曝(ひばく)は甲状腺がんをもたらすのか。そもそも被曝量はどのくらいか。どの程度なら鼻血が出るか。

 これらの問題を一種の数学の文章題として捉えてみたらどうだろう。自分で計算して、それぞれの問題に答えを出すことはできるだろうか。複雑すぎて、私なら尻込みしてしまう。しかし、天体物理学者で、次世代スーパーコンピューターの開発にもたずさわる著者は、科学的方法の基本に従い、実際に計算を試みた。その過程をそのまま書いたのが本書。

 公表されたデータ、つまり誰でも利用できるデータに基づいて、まずは大ざっぱに被曝の影響を見積もる。そ…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです