メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者

医療・介護に余力のある41地域 日本創成会議まとめ

医療・介護に余力のある41地域

 日本創成会議は4日、医療、介護のサービスで、他の地域から高齢者の移住を受け入れる余力があるとする41地域(一般的な入院医療体制を整備している2次医療圏)をまとめた。大分県別府市や北海道函館市などが中心となる地方都市型の地域がほとんどで、大都市型は北九州市を含む1地域のみだった。医療の受け入れ余力は全身麻酔の件数などを基に評価。介護では2040年の平均的な整備数見込みに対して現在の介護ベッドがどの程度あるかでランク付けした。それぞれ余力のある順に7〜1の7段階に分け、医療がレベル6以上で介護がレベル4以上の「大都市型」1地域、「地方都市型」32地域を「受け入れ余力がある」とした。これに加え、介護施設が整備しやすい地方都市は、介護レベル3の8地域も「地方都市型準地域」として「余力あり」と評価した。

※各地域の構成市町村

この記事は有料記事です。

残り2061文字(全文2423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  2. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです