メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球100年を前に

 節目の年だ。戦後70年目を迎え、安倍晋三首相の「歴史観」を盛り込んだ談話がどのようになるか、世界の注目を集めている。それはそれとして、スポーツの世界で「節目」といえば、もっと区切りのいい「高校野球100年」だ。

 1915(大正4)年8月18日、大阪・豊中市の豊中グラウンドで全国中等学校優勝野球大会(朝日新聞社主催)が開催された。10校が参加、5日間の熱戦の末、京都府立二中(現・鳥羽高校)が決勝で秋田中(現・県立秋田高)を延長十三回、2−1でサヨナラ勝ちし、全国制覇を達成した。

 これが現在の全国高校野球選手権の始まりだ。夏の甲子園は41(昭和16)年の第27回大会が中止となり…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです