メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

「ランパス」の仕組み

ランチが500円に 客、店、出版元・書店それぞれの利点とは

[PR]

「三方良し」のグルメガイド本「ランパス」って?
文太「う~む」 ギョロ星人「どうしたギョロ? 腹でも下したギョロか?」 文太「うちの喫茶店、閑古鳥が鳴いているんだ。なんとか手を打たないとな」 ギョロ星人「今はやっているランパスに掲載したらどうギョロ?」 文太「ラ、ランパス? オレは、コンパスしか知らん」 ギョロ「割引機能を備えたグルメガイド本のことギョロ。仕組みを説明するギョロ」
ランチパスポート(通称ランパス)とは、現在、41都道府県で累計195万部(2015年5月時点)発行されているガイド本のことです。該当エリアの書店やコンビニで1冊約1000円で購入できます。 ギョロ星人「本を持参すれば、通常1000円前後のランチがワンコイン(500円)になるギョロ」
ランパスを掲載店で注文時に提示すると、ランチが500円で食べられ、会計時に店からスタンプを押してもらいます。有効期限(発行日から約3カ月間)内であれば、1店あたり3回まで使えます。数回使えば、本代の元が取れるそうです。 ギョロ星人「客や店、出版元それぞれにメリットがある『三方良し』の地域活性ビジネスだギョロ」
第一生命が2014年4~6月に6572人の男女を対象に行ったネット調査によると、1回のランチにかける金額は、500円台が約35%とトップで、平均金額は539円でした。消費増税で節約志向が高まる今、ワンコインは、ランチ支出の目安になっています。
文太「ランチは今時500円台か……」
高知市でタウン情報誌を発行する出版社「ほっとこうち」が発祥で、11年にワンコインランチ特集を1冊の本にまとめ出版したところ、評判が評判を呼び瞬く間に1万2000部が完売しました。 同社は、12年に「ランチパスポート」を商標登録し、松山市の出版社「エス・ピー・シー」が編集ノウハウを持っていない異業種も新規参入しやすいよう、編集システムを開発。これをパッケージ化し、全国の企業に販売することにしました。 ギョロ星人「ランパスゴルフ版(関東版と中部・東海版)も人気ギョロ」
「三方良し」のグルメガイド本「ランパス」って? ギョロ星人「割引機能を備えた高知発のグルメガイド本『ランチパスポート』は、41都道府県で発行されているギョロ。客や店それぞれにメリットがあるギョロロ」 ギョロ星人「みんなが得をする仕組みギョロ」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです