安保関連法案

「国民を愚弄」「珍妙な引用」 長谷部・小林両氏の与党批判詳報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
憲法と安全保障法制について記者会見する小林節・慶応大名誉教授(右)と長谷部恭男・早稲田大大学院教授=東京都千代田区の日本記者クラブで2015年6月15日午後3時32分、猪飼健史撮影
憲法と安全保障法制について記者会見する小林節・慶応大名誉教授(右)と長谷部恭男・早稲田大大学院教授=東京都千代田区の日本記者クラブで2015年6月15日午後3時32分、猪飼健史撮影

 6月4日の衆院憲法審査会で、自民党が推薦した長谷部恭男・早稲田大大学院教授ら憲法学者3人が集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案を「憲法違反」と明言した。その後、自民党幹部からは「憲法学者はどうしても(憲法)9条2項の字面に拘泥する」「学者の言う通りにしていたら、自衛隊も日米安全保障条約もない。平和と安全が保たれたか極めて疑わしい」といった発言が飛び出し、安保法案を巡る議論は加熱している。憲法審査会で参考人として意見を述べた長谷部氏と小林節・慶応大名誉教授が15日、日本記者クラブで会見を開いた。「違憲」を主張する両氏は果たして「現実を知らない」学者なのか。その発言の真意に迫った。【石戸諭/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り3132文字(全文3445文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集