メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国で流行している中東呼吸器症候群 日本は水際対策が重要

[PR]

韓国で流行っている感染症は大変です。 MERSとは2012年に初めて確認された中東呼吸器症候群コロナウイルスです。 高熱や肺炎を引き起こす感染症で致死率が高いです。 人から人への感染力は強くないと見られていますが、ワクチンなど有効な治療や予防はありません。 患者の症状に応じた治療(対処療法)しかありません。
潜伏期間は2~14日で、主な症状は発熱、せき、息切れです。 多臓器不全や敗血症ショックを伴ったりする場合もあるので、高齢者や糖尿病患者などは注意が必要です。 03年に流行した重症急性呼吸器症候群SARS(サーズ)と同じ病原体のコロナウイルスですが、遺伝子構造に違いがあって別の病気です。 MERSの感染源はラクダだとの疑いがあります。 韓国で感染が広まった経緯は、中東訪問から帰国した男性が最初に感染しました。
ソウル郊外の平沢(ピョンテク)聖母病院に入院しましたが、隔離が徹底されなかったため病棟内の患者にも感染が拡大しました。 病院の構造に問題があったとの指摘もあります。 さらに感染が広まったのは韓国人特有の習慣が原因です。 患者が複数の病院を次々たずねる「ドクターショッピング」や、多くの家族が患者を見舞う文化的背景も影響しているとされます。 韓国政府と世界保健機関(WHO)との合同調査によれば、コロナウイルスそのものが変異して感染力が強まっているわけではない、としていますが、短期間で終息するとは予想できないと厳しい見方を示しました。
日本も人ごとではありません。 毎年韓国へ300万人以上の日本人が訪れる一方、日本にも約270万人の韓国人が訪れています。 空港などで入国者の健康状態をチェックする「水際対策」が重要です。 マスクを着用したりこまめな手洗いを心がけ、旅行先から帰国後、発熱などの症状があったら空港内の検疫所に行くことです。 SでもMでも気をつけて予防すると言った善蔵さんに対し、ダリア先生は怒っています。 サーズとマーズの頭文字をSとかMで略したことが嫌だったのですね。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです