メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

お日様を浴びる権利の巻

6月27日は「日照権の日」 植物も人間も太陽の光は必要

[PR]

菊さんは家庭菜園をやっているようです。 今度、家のそばにマンションを建てるという計画がうわさされていて、 建ってしまうと野菜が育たなくなってしまうと心配しています。 八木くんは「日照権」を主張すればいいと言いました。 日照権とは、建物の居住者や土地の所有者が日照を確保する権利です。 1970年代建築ラッシュで社会問題化しました。
1972年6月27日最高裁の判決で、 「建築物による日照阻害に関して住宅の日照 通風は必要な生活利益」 と法的保護対象であることが初めて明確にされました。 このことから毎年6月27日は「日照権の日」と定められました。 日照権の基準は、1976年に建築基準法の改正で「日影規制」が設けられました。 冬至の真太陽時の午前8時から午後4時まで(北海道は午後3時まで)、 区域内にある一定の高さ以上の建築物が、その場所に一定時間以上続けて影を生じないように義務付けられました。 真太陽時とは、太陽が真南に来た時を12時とするものです。 時計の時刻とはずれます。
規制の方法はどのようになっているのでしょうか。 日影の測定は、地面より高い所を想定しています。 第1・2種低層住宅専用地域の測定面は、平均地盤面から1.5mの高さです。 その他の地域の測定面は、平均地盤面から4mまたは6.5mの高さです。 そして、時刻による影の移り変わりの図「時間日影図」と、 影になる時間で区切った図「等時間日影図」をもとに、規制値以内にあるかを判断します。 日照権が侵害されそうな時は日影図を参考に交渉するということです。 規制対象区域外でも14階建てマンションの10階以上の工事が差し止められた例もあります。
日照時間(直射日光が地表を照らした時間)は地域によって異なります。 潮岬(和歌山県)2516時間 甲府      2462時間 宮崎      2411時間 旭川(北海道) 1503時間 秋田      1469時間 稚内(北海道) 1384時間 ちなみに日本の年平均は、約1900時間です。 日照は農作物の生育にもとても重要です。 日照時間が短い地域の人には美肌が多いという調査結果もありますが、お日様は絶対に必要です。 しかし虎鉄先生の日陰で、野菜が枯れてしまいそうですね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. みのひだフォーカス 食品サンプルの街 郡上の象徴 「ゴジラフライ」作者、誰? 上田酒店店主「お会いしたい」 /岐阜

  3. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 江川紹子さんのまとめ 「合意のない性交は処罰」に潜む危うさ 被害者のため何をすべきか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです