メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示会

丹下健三ら16人が設計 戦後の住宅を振り返る 八王子夢美術館

黒川紀章設計の「中銀カプセルタワービル」をテーマとした展示=2015年6月18日、垂水友里香撮影

 丹下健三や黒川紀章など日本を代表する16人の建築家が設計した住宅を題材にした展覧会「戦後日本住宅伝説−−挑発する家・内省する家」が、八王子市夢美術館(東京都同市)で開かれている。終戦直後や高度経済成長期など社会環境を投影した住宅の変化や、それぞれの建築家の原点を見ることができる。7月20日まで。

 会場では1950〜70年代に建設された16の住宅作品を、高さ約2.6メートルの巨大写真のほか、模型▽設計図▽写真パネル▽関係者の証言映像など−−約190点の資料で展示している。同館によると、美術館で建築をテーマにした展示をするのは全国的にも珍しいという。

 16作品のうち最も古いのは、広島平和記念資料館を設計した丹下の「住居」(53年)。この時代は空襲に…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 訃報 高木守道さん 78歳=元プロ野球中日二塁手

  3. 「桜」名簿管理巡り内閣府幹部6人を厳重注意処分 公文書管理法違反

  4. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです