戦後70年

「沖縄捨て石」 本土決戦の戦備、その悲惨な実態

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米兵の尋問を受ける「鉄血勤皇隊」の少年兵=1945年
米兵の尋問を受ける「鉄血勤皇隊」の少年兵=1945年

 70年前の1945年6月23日、沖縄戦が事実上の終結を迎えた。国内最初の住民を巻き込んだ地上戦で、死亡したとされる沖縄県民は約4人に1人。本土決戦のための時間稼ぎとされ、沖縄は“捨て石”となった。しかし、本土防衛軍はあらゆる物資が欠乏し、農作業に従事するほど。政府・大本営が頼ったのは根こそぎ動員による一億総特攻だった。南洋で部下を死なせてしまったという元海軍士官の俳人、金子兜太(とうた)さん(95)は「国のために働かされ、死んでいくという制度や秩序は我慢できない」と告発する。

 本土決戦を準備していた皇軍の戦備は悲惨だった。「戦史叢書」(防衛庁=現防衛省=防衛研修所戦史室著)などによると、沖縄戦終結の45年6月末現在、帝都・東京を中心とする関東地方の防衛を担った第12方面軍の装備充足率は▽銃器50〜80%▽機関銃60〜75%▽車両類45〜90%−−にすぎなかった。軍刀、銃剣でさえ定数に満たない。弾薬自体が欠乏しており、大規模な戦闘を継続することは困難だった。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1139文字)

あわせて読みたい

ニュース特集