メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

冥王星に接近!の巻

探査機ニューホライズンズ 謎の準惑星に迫る

[PR]

勅使河原賢一くんは、小学生なのに冥王星に関する学術論文を読んでいます。 千鶴さんは圧倒されているようですね。 ケンちゃんによりますと、2006年に打ち上げられた無人探査機「ニューホライズンズ」が7月14日、ついに冥王星に最接近するそうです。 ところが、千鶴さんはそもそも冥王星がどんな星なのかも知りません。
1930年、米国の天文学者の故クライド・トンボー氏が、海王星の外側に未知の惑星を発見しました。 この惑星の存在を最初に提唱した師匠のパーシバル・ローウェルの名前の頭文字P・Lにちなんで「PLUTO」(プルート)と名付けました。 当時は地球と同じくらいの大きさと考えられていましたが、78年に衛星カロンが見つかり、分析し直しました。 その結果、質量は地球の500分の1程度と、非常に小さいことが判明したのです。 星の名前には、ギリシャ神話から来たものが多くあります。 カロンは冥途の川の渡守、プルートは冥界の王。 新しく発見された二つの衛星は、ケルベロス、ステュクスと名付けられました。
学校の授業では、惑星をどう習いますか? 太陽系の惑星は「すい」「きん」「ち」「か」「もく」「ど」「てん」「かい」「めい」…と、千鶴さんは理科の授業を思い出したようです。 しかし、そうではないのです。 冥王星は「準惑星」に降格したのです。 2006年、国際天文学連合で惑星の定義案が議決されました。 ①太陽を周回する ②自らの重力で球状となる ③軌道周辺で圧倒的に支配的な天体 …と定義されたのです。 3番目の条件を満たさない冥王星は、惑星から外されました。 冥王星は地球から平均約60億キロも離れていて謎の多い星です。探査機がとらえた最新映像によると、窒素が凍った雪で覆われた「極冠」があるようですね。
探査機は、冥王星の大気や表面などの観測を行うそうです。 太陽系創成期の姿が残っている可能性が高く、惑星進化の過程解明につながることが期待されています。 探査で得たデータは数カ月かけて地球へ届きます。 探査機には、公募した43万人の名前を記録したCDーROM、更にトンボ-氏の遺灰も乗っているのです。 そんな形で宇宙に行けたらすてきだと、ケンちゃんは憧れているようです。 千鶴さんは、「ケンちゃんが大人になった頃は宇宙に簡単に行ける時代になっている」と言いますが… ケンちゃんは「大人なのにその発想は子供っぽい」と、憎まれ口をたたきます。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです