メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動画で迫る

空手・植草歩選手「東京五輪の金メダル目指し闘志を前面に」

 アスリートの技や力を記者が間近で撮影した動画で疑似体験してもらう連載「動画で迫る」。5回目は、2013年にコロンビアで開催された国際大会「ワールドゲームズ」の女子組手68キロ以上級で優勝した空手の植草歩選手(22)=高栄警備保障=です。女子組手(くみて)の世界王者に、沖縄発祥で日本を代表する武道の一つである空手の神髄を見せてもらいました。 

 「2020年、私たちに空手着を着させて欲しい」。東京都内の主要な駅などに、東京五輪での空手競技の実施を訴えるポスターが張られている。ここに登場している選手の一人が植草選手だ。五輪の実施競技については、開催都市が追加種目を提案できるようになり、空手は野球・ソフトボールなどの7種目とともに国内の1次選考を通過したばかり。植草選手は世界王者の知名度を生かして空手のPRの最前線に立っている。卓越した技を…

この記事は有料記事です。

残り3687文字(全文4059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 「都内感染者の増え方、ほぼ想定内」東京都、1日最多の143人感染 2日連続の100人超

  4. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです