メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動画で迫る

空手・植草歩選手「東京五輪の金メダル目指し闘志を前面に」

 アスリートの技や力を記者が間近で撮影した動画で疑似体験してもらう連載「動画で迫る」。5回目は、2013年にコロンビアで開催された国際大会「ワールドゲームズ」の女子組手68キロ以上級で優勝した空手の植草歩選手(22)=高栄警備保障=です。女子組手(くみて)の世界王者に、沖縄発祥で日本を代表する武道の一つである空手の神髄を見せてもらいました。 

 「2020年、私たちに空手着を着させて欲しい」。東京都内の主要な駅などに、東京五輪での空手競技の実施を訴えるポスターが張られている。ここに登場している選手の一人が植草選手だ。五輪の実施競技については、開催都市が追加種目を提案できるようになり、空手は野球・ソフトボールなどの7種目とともに国内の1次選考を通過したばかり。植草選手は世界王者の知名度を生かして空手のPRの最前線に立っている。卓越した技を…

この記事は有料記事です。

残り3687文字(全文4059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです