メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『破落戸 あくじゃれ瓢六』諸田玲子・著

◆『破落戸 あくじゃれ瓢六』諸田玲子・著(文藝春秋/税抜き1600円)

 瓢(ひよう)六(ろく)のことなら、もうわたしは素通りにできない。本コラムの第一回目でとりあげた作品は、「あくじゃれ瓢六」シリーズ第二弾『こんちき』だった。コラムの書き出しが甦(よみがえ)る−時代小説のことばは、たっている。くっきりと鮮やか、端的で平明、太くつよく、とりかえようのないたしかさで……。

 あれからはや十年。シリーズは五作目となり、小悪党瓢六も若き日の溌溂(はつらつ)とした瓢六にあらず。しかも、瓢六に容赦なく襲いかかったのは時間ばかりではない。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです