メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『破落戸 あくじゃれ瓢六』諸田玲子・著

最大不幸は権力の横暴、中年男が再起する

◆『破落戸 あくじゃれ瓢六』諸田玲子・著(文藝春秋/税抜き1600円)

 瓢(ひよう)六(ろく)のことなら、もうわたしは素通りにできない。本コラムの第一回目でとりあげた作品は、「あくじゃれ瓢六」シリーズ第二弾『こんちき』だった。コラムの書き出しが甦(よみがえ)る−時代小説のことばは、たっている。くっきりと鮮やか、端的で平明、太くつよく、とりかえようのないたしかさで……。

 あれからはや十年。シリーズは五作目となり、小悪党瓢六も若き日の溌溂(はつらつ)とした瓢六にあらず。…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文900文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです