メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

芸能生活だいたい35周年…高田純次が愛されるその理由とは!?

<プロフィル>高田純次(たかだ・じゅんじ) 1947年1月21日、東京都生まれ。1971年に「自由劇場」の研修生となる。1年後に退団し、イッセー尾形氏らと劇団「うでくらべ」を結成するが半年ほどで解散。4年間サラリーマン生活をしたのち、1977年に劇団「東京乾電池」に参加。再び劇団の道を歩み始める。32歳のときに「笑点」でテレビデビュー。その後、同劇団の仲間・ベンガルらと「笑ってる場合ですよ!」に出演。番組内の「日刊乾電池ニュース」のコーナーが人気となり一躍知名度を上げた。1988年に出演したCMで使われた“5時から男”が新語・流行語大賞の「流行語・大衆賞」を受賞するなどドラマ、映画、バラエティーなど多岐に渡り活躍。1989年に独立し(株)テイクワン・オフィスを設立し代表取締役社長も務める。

[PR]

 「情熱大陸だからタキシードを着てこようと思ってたのに寝間着で来ちゃったよー」と言いながら寝間着ではない普段着姿でやって来た男・高田純次、68歳。芸能生活“だいたい”35周年の高田は“テキトー男”などとも言われるがよく考えると芸能界でも唯一無二のキャラクターだ。そんな高田がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット、7月5日午後11時10分〜11時40分)に登場する。自らの顔に面白メークを施し、服を脱いではお尻を出す…いわゆる“よごれ”行為も率先して行うが、決して“よごれ”のイメージはない。見た目の雰囲気がそもそもダンディだからという女性も多いのだ。

 だが、高田も還暦を遠く過ぎた身体の変調は避けられない。昨年の暮れごろ、腰を痛め手術を余儀なくされた。しかし一度快復すると通院しなくなり無理矢理連れて行かれ担当医に今のタバコの本数を聞かれると大幅下方修正した嘘をついてしまう……やはりそこは高田だ。

 芸能界を始め多くの人々が「高田純次のような人になりたい」と言い、著名人からも幅広い人気を持つ。実は“テキトー”などではないかもしれない高田の“愛される人柄”に迫る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです