メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

阿武 秀子・評『辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術』飯間浩明・著

どれだけ知っているかよりも、どれだけ自由に使えるか

◆『辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術』飯間浩明・著(PHP新書/税抜き780円)

 日記をはじめとして文を書くときに、私たちは心の中で読者らしき誰かに向かって書いているものだ。モノローグ(独白)のつもりでも、対話が行われている。

 この本の読みやすさは、すっきりした文体によるだけではない。読者に呼びかけながら、著者が自身にも問いかけながら、書きすすめていることも要因なのではないか。

 辞書を作るのは机に向かっての孤独な作業という印象をもつけれど、それとはむしろ反対の姿勢が貫かれてい…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです