メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・発信

山下慶一郎・熊本県荒尾市長

やました・けいいちろう 1959年熊本市生まれ。明治大法学部卒。荒尾市副市長時代を通算して熊本県庁に32年勤務。副市長として荒尾市に赴任した際、荒尾市の魅力のとりことなる。15年1月市長就任。現在1期目。

産業遺産、月輪大師、宮崎兄弟 世界に誇れる素材を生かす

 市長の任期がスタートして半年余り。荒尾市の万田坑を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」が国際記念物遺産会議(イコモス)の登録勧告を受け、世界遺産に一歩近づいたところである。ゴールデンウイーク中には多くの方々に万田坑を見ていただき、市長として喜びに堪えません。世界遺産登録推進協議会をはじめ、関係団体やボランティアの皆さん方のご尽力に対し、厚くお礼申し上げたい。

 今年度から本格的に始まる地方創生戦略は、都会からの人口移動を積極的に後押しする方針であり、荒尾市と…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1263文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです